kon×hatena

コンピュータビジョン・パターン認識の研究をしています。聴覚障害のこと、専門のことその他もろもろを投稿していきます。

聴覚障害と就職活動

はじめに

就職活動が終わりました。
就職活動中、「聴覚障害者の生の声」がネット上にあまり見当たらなかったということもあり、まとめることを思い立ちました。


聴覚障害と就職活動について書かれたものとして挙げられるものは
gobou2007さんの「聴覚障害のある私が「就活」してみた」でしょうか。
聴覚障害のある私が「就活」してみた - NoBlog -I'm Hearing Impaired-

ここでは、

まず始めに、聴覚障害者が就活する上で困ること

説明会が聞き取れない
面接での受け答え
選考案内等の電話に対応できない(←聴力レベルによります)

といったことが書かれていますので、今回は「どういったことがあったのか」を中心に書いていきたいと思います。

なお、私は情報科学系の大学院生ということ、手話ではなく口話で話すこともあるということの2点を考慮した上でご一読ください。


手話通訳をつけるということ

障害を持つ方の場合、Web Sanaクローバーナビを活用される方が多いのではないのでしょうか。私も例に漏れず、このサイトを活用させていただきました。

このサイト主催の「合同説明会」には、次のような特徴があります。

  • 障害者雇用を考えていらっしゃる企業が集まる
  • 手話通訳者・要約筆記者が配備されている
  • 1対1で説明を受けることができる

私は当初、手話通訳者についてもらいながら人事担当の方と面談をしていたのですが、ここで困ったことが起きました。
技術系志望ということもあり、研究テーマについて話す機会が多くあるのですが、専門用語が出てきます。
ただ、手話通訳者のかたはそれらに関する知識を持ちあわせていない場合がほとんどで、上手く訳することができないのです。

人事「うちの会社ではLinuxリナックス)も使っていますが、経験はあるでしょうか?」

手話通訳者が「リラックス経験はあるでしょうか?」と通訳。

学生「(…おそらくリナックスだろうな)はい、あります」

頭のなかで二重翻訳をしているという感じで、非常に頭を使います。
実は、私も学会発表(ポスターセッション)で手話通訳者をお願いしたのですが、専門用語の通訳は難しく、結局手話通訳を介さずやりとりをし他経験があり、その時から「専門的な内容の通訳は難しいなぁ」と実感していました。
同分野の知識を有している通訳者であれば心強い味方なのですが、現実にはそういった方はなかなかおらず、難しいところです。


最終的には、手話通訳は人事担当からの説明のみにとどめ、質疑応答などは筆談・口話で、というスタンスになりました。こちらのほうが、人事担当との距離も近くなったように思います。


ちなみに、私の同期がある企業のエントリーの際に「面接の際に手話通訳を希望しますか?」という項目があったため希望を出したところ、面接の段階になって「手話通訳の用意ができないので、今回はご縁がなかったことに…」とお祈りされたこともあったようです。まだまだ難しいところがあります。


情報を集めること

就職活動の定番として「OB/OG訪問」というものがあります。
ただ、聴覚障害者の場合は「聴覚障害者の社員訪問」という形が多くなると思います。
これは、会社選びの際に「聴覚障害者でも能力を発揮できる環境があるか」を知るために、当事者の経験談を聞くが必要になるためです。
同じ大学の聴覚障害を持つ先輩、しかもたまたま希望する会社に入った…なんてことは殆ど無いので、「聴覚障害者の先輩」に絞って情報を集めます(笑)。

私の場合は、説明会の際に「聴覚障害者の社員がいれば、是非会ってみたい」とお願いをすること、希望職種に就かれた先輩にお会いし、「その職種の場合、聴覚障害があることでどんな苦労があるか」といったことを心がけました。

ちなみに、数ある企業の中には「聴覚障害者」を強く求めているところもあります。
こういった会社は、健常者とはまた違ったものを聴覚障害者に求めています。ギャップを確認しておいたほうが良いかも知れません。
私は、面接の時に「障害者向けのシステムを作るためには何が必要か?」といったことを聞かれ、戸惑いました。


面接をするということ

私は採用面接にあたって、一度も手話通訳は付けてもらいませんでした。
というのも、自分が手話通訳を上手く活用できる自信がなかったということ、どんなに拙くても自分自身の言葉(=口話、筆談など)で伝えたいという思いがあったためです。
そのため、面接にあたって予め「聴覚に障害があること」「うまく聞き取れなかった時は聞き返すこと」「筆談をお願いすることがあるということ(さらには、筆談ツールをこちらで用意しても構わないかどうか)」の3つを伝えました。

私は近い距離であれば、唇の形から会話内容を読み取ることは可能なのですが、距離があるととたんに厳しくなります。
ただ、面接室に入るまで座席の配置などを把握することができないため、部屋を開けるまでは「面接の緊張」×「席の配置はどんな感じなのか」で頭がいっぱいでした。
時には私と面接の距離が遠く、ノートに書いてもそれが見えない、といったこともありました。今思えば、予め座席の配置などを確認しておくべきだったかなと思います。

ところで、聴覚障害者が採用面接を受けるにあたって、定番の質問「障害についてお聞きします」があります。
gobou2007さんの「聴覚障害のある私が「就活」してみた」には、次のように書かれていました。

また面接で自身の障害を説明するのですが、これが本当に難しいです。10年以上共に生活した家族でさえ私の障害を完璧に理解してもらえないのに、数分程度で面接官にどうやって説明するか。11月頃、私はポートフォリオポートフォリオ - NoBlog -I'm Hearing Impaired-)を作成し、自身の障害をうまく説明できるように練習しました。

就職活動は自分の障害を見つめなおす良いきっかけになります。
私も就職活動を始めるまではうまいこと理解をしていなかったのですが、沢山の人に説明をしたこともあり、最近は具体的に話すことができるようになりました。

具体的には、次のような変化です。

耳が聴こえないのですが、近い距離であれば会話内容を読み取ることが可能です。

耳が聴こえないのですが、幼少時より発音・読話の訓練を受けており、◯◯程度の近い距離であれば唇の動きをもとに会話内容を読み取ることが可能です。
ただし、読話にはかなりの集中力と経験が必要になるため、目が合っている時でないとほとんど読み取ることはできません。目が合っていても、唇の動きがお年寄りのようにぼそぼそしていたり、聞き慣れていない言葉の場合は理解できないことがあります。
また、会議室のような閉鎖空間であれば、反響音で聞き取りやすくなりますが、オフィスのように広い空間だと反響音がなくなるため、ほとんど聴き取ることは難しくなると思います。そのため、筆談をお願いすることが多くなるかと思います。

ちなみに、研究開発職は論文・学会発表も必要になるため、英語力について聞かれます。私の場合は、「幼少時の訓練を受けていないので、Talkingは絶対にできません」と伝えました。(訓練でできるようになるのかどうかはわからないのですが)
その一方で、「Reading・Writing・ジェスチャーなどでコミュニケーションを取ることは可能です」ということも伝えました。
私は昔に英検を取ったことがあるのですが、その2次試験(英語面接)でも同様の方法を取っていますので、その経験が活きているのかなと思います。

見学をするということ

いくつか面接が進んだ段階で、会社に見学を申し出たこともあります。
ほとんどは内定を頂いた後に訪問をさせて頂き、「自分は本当にこの会社に入った後、やりたいことができるか」を考慮しつつ社員の方とお話をさせていただきました。また、コミュニケーション方法にも注目をしました。
社員の方とのコミュニケーション方法が、そのまま自分が入社した後のコミュニケーション手段になる可能性が大きい、と考えたためです。
幸いにも、私の対応をしてくださった社員は、みなさん筆談にも快く対応してくださり、とても良い印象を受け、安心したのを覚えています。

おわりに

某社の採用にあたって、私の担当をしてくださった人事の方の言葉があります。

「面白い人に会えるから人事をやめられない」

就職活動は人と人の出会いの場でもあります。私自身も、就職活動を通してたくさんの人と出会うことができ、成長することができました。
人生のビッグイベント、楽しんで下さい!

ウェアラブルデバイスについて考えてみる

ウェアラブルデバイス

調べてみたら、なんだか面白そうなのでまとめてみます。
Wearableなので、要は「身に付ける・着用できる」デバイスです。
今のところは、GoogleGlassとかが注目されていますね。他にもブレスレット型のものもあったり。
ブレスレットなんかも、心拍数を測ることができ、データをスマホタブレットに転送できるようなものが出ています。

で、一番面白そうだなーと思っているのは、メガネ型のデバイス。
医療用途に開発されたEvena Medical社の「Evena Eyes-On™ Glasses」*1というのがあり、患者の静脈を見ることができるようで、便利そう。

視覚情報は五感のなかでも一番大きな情報量があるので、様々な応用例がありそうです。

福祉工学の面だと

聴覚障害者の場合、やっぱり情報保障に応用されるのではないかなと思っています。
ちなみに、情報保障というのは、

情報保障(じょうほうほしょう)とは、身体的なハンディキャップにより情報を収集することができない者に対し、代替手段を用いて情報を提供すること。
情報保障とは、人間の「知る権利」を保障するもの。いつでも、誰も情報が伝わらない状況に陥る可能性がある。特に聴覚障害者は、音声によって提供される情報や会話を理解できないため、日常的に情報から疎外されているといえる。そのため、一般的に「情報保障」とは、聴覚障害者に対するコミュニケーション支援を指して用いられる。

です。ノートテイクやPCテイクが多いですね。
手話通訳もそれに当たるのですが、困るのはやはり、メモを取りづらいこと。

手話を見ながらメモをとろうと思うと、やっぱり顔を下に向けなきゃいけません。
となると、その間は手話通訳者を見ることが出来ないわけで、話がわからなくなることがあります。

なので、今後は、GoogleGlassのようなヘッドマウントディスプレイ(HMD)に手話通訳者の映像やテイクの文字情報を表示したりする流れになるんじゃないんでしょうか。


もうひとつ期待できるのは、
ウェアラブル=より持ち運びしやすい
ということで、特殊な環境(講義、セミナー等)でしか用意できなかった情報保障が、外でも日常生活でも、いつでも情報を得られるようになるという流れ。

電話リレーサービスというのがあるんですが、これはビデオチャットを使って、手話のできる方にかわりに電話をかけてもらうというもの。
通訳者も家で待機していればよく、利用者も短い時間で利用することができる利点があります。

で、今のところ気軽に利用できる遠隔通訳は(電話=音声情報のみで通訳が可能、という面があり実用化しやすいのか)電話のみに限定?しているようですが、HMDと高度な情報通信機能があれば、外出時に急に通訳が必要になった場面でスイッチON、HMDに手話通訳者の映像や文字情報を表示するなんてことができたら面白いなと思っています。

東京オリンピックなんかで日本に来る外国人なんかも、音声日本語→音声(または文字)英語とかに自動通訳してくれたらラクですよね。
他にも観戦時に、TVでしか見られない速報や状況を、HMDに表示させることができれば、観戦が楽しくなりそうです。
2020年までに実用化させて、世界に対してドヤ顔をしたいもんです。

おわりに

ってことで、なんでもいいのでウェアラブルデバイス欲しいです!
ゲットして遊んでみたいなぁ。

近くにいる人のツイートを自動でHMDに表示する、といったことができたら楽しそうですね。

『共生を考える場。』企画

2月14〜16日に実施された『共生を考える場。』企画に参加してきました(主催:東海ろう学生懇談会)。*1

この企画でイロイロ考えることがあったので,忘備録的な感じで書いていきます。

『共生を考える場。』企画とは

ろう者・難聴者・聴者の考えをみんなで共有し、様々な問題を共に解決していくことを目的としています!


障害の有無に関係なく、色々な人と関わり、ろう者・難聴者・聴者のことを知ろう・理解しよう!視野を広げよう!お互いの気持ちを発信しよう!共生をきっかけに貴方の世界が広がりますように...


この企画の特色は、なんといっても「聴覚障害者と健聴者の参加者数がほぼ同程度」であること。結果として、対等な立場での話がしやすい環境がつくりだされることになります。
手話サークルでは、健聴者の人数が多く、聴覚障害者団体では、聴覚障害者の人数が多く、なかなか対等な立場での話はできないんじゃないかな。

参加者もバリバリ手話ができる方から最近知ったばかりの方までいらっしゃいます。(健聴者でもバリバリができる方、聴覚障害者でも手話が出来ない方、とかなり多様です)

自分が名古屋にいた頃から毎年参加していますが、参加するたびに新たな発見がある企画です。

生活する上での情報格差

自分の中で、今ホットなテーマです。
というのも、聴覚の障害のレベルによっては電車のアナウンスやら博物館の音声ガイドの内容やらを聴き取ることが出来ないので。
結果として、どういうことが起きるのかというと、

緊急時、何が起きているのかわからない。不安でしょうがない。

企画に参加するため、東京から愛知まで行く新幹線に乗っていたんですが、大雪のため遅延が起きていました。
(大雪でも動くこと自体、スゴイことですが)

その時、いろんなアナウンスがされると思うんですが、やっぱり聴き取ることはできません。
ですから、得られる情報といえば電光掲示板に表示されている内容のみです。
そのとき、ふと思ったのが
「電光掲示板に表示されている情報以外のことも、アナウンスがあるのでは?」
ということ。この件は、企画内のディスカッションに持ちだしました。


愛知からつくばに戻るときは、夜行バスを使ったんですが、これも遅延。大雪が原因で遅れが出ているのかと思い、ネットで検索したのですが、どうも原因が見当たりません。
たまたま運転手さんが乗客席のほうに来ていたので、筆談でお伺いすると「事故のために遅れが出ている」とのこと。
原因がわかったのでホッとしたのですが、その後も時折アナウンスがあり、その内容がつかめないという事がありました。
幸い、運転手さんも「聴覚障害者の乗客がいる」ということがわかったので、アナウンスのたびに筆談で内容をお伝えしてくださいました。
内容はこんなものです。

  • 駅の近くの高速バスのりばで停車するので、急いでいる方は電車をご利用ください
  • ○○のSAに止まります

簡単な内容なんですが、これを知っているかどうかでは安心度が違います。

途中の停留所で人がぞろぞろ降りていくのですが、「電車への乗り換えのため」ということがわかっていたので、スルーしていました。
もし、この情報がなかったら、何が起きているのかわからないままとりあえず周りに合わせて降車していたと思います。


知識を蓄えることができない

自分自身も博物館や展覧会が好きで、よく行ったりするんです。たいていのところには音声ガイドが置かれていますね。
このガイドの中には、大変有益な情報が含まれていると思うんですが、聴覚に障害があるためその内容を聴き取ることができない。
結果として、得られる知識に差が起きてしまいます。
そういうこともあり、施設を充分に満喫できないことから「障害割引」制度があり、利用させてもらっているんですが、やっぱりそういった情報も欲しいというのが正直なところです。

というのも、博物館で得たいろんな知識が学校の勉強にも影響をあたえるんじゃないか、と思っているところがあるのです。
特に、小学校〜高校までの間はそれが強いんじゃないんでしょうか。
博物館の展覧内容は、直接学校の勉強には関係ないのですが、学校での勉強に役立ちます。
そういうところもあるので、情報保障があっても、聴覚障害者は健聴者に比べて勉強面でハンデがあることは否めません。
このへんも気になったので、ディスカッション企画に持ちだしました。

勉共会

ディスカッション企画の名称です。共生企画のメインで、いくつかのテーマの中から一つ選び、聴覚障害者と健聴者でディスカッションをしていきます。

今回のテーマは、

  • 恋愛
  • 教育
  • 生活
  • 手話
  • 情報保障

の5つでした。自分は上述のように、生活上の情報格差に興味があったので、生活を選択しました。
グループメンバーに生活のテーマを選択した理由をお伺いすると、「聴覚障害者と健聴者の生活や文化の違いを知りたい」といった感じの返答でした。

きこえる人ときこえない人の違いの話

当たり前ですが、聴覚障害者と健聴者では、五感のうち使用する感覚が異なっており、それらの感覚をフル活用して生活しています。
ですから、そのうち一つが欠けるとどうなるか、といったことは想像できません。
(自分も、視覚障害者がどのようにして生活しているのかということは想像できませんしね)
てことで、きこえる人・きこえない人の2グループに分かれ、互いに質問していきました。

きこえる人からは、こんな質問です。

声が聴き取ることができないことで、○○のような問題があるけどどうしているか

例として、「チャイムやノック音がきこえないが、どうしているか」「緊急時に119をするときはどうするか」。
こういった質問に対しては、聴覚以外の感覚、特に視覚で代替する、といったことを踏まえた上で説明すると、納得してもらいやすかったように思います。

  • チャイムやノック音

音の情報を視覚情報になおしています。チャイム音をフラッシュライトに変換する機器があるので、それを利用しています。((http://www.kind-fukushi.net/shop/2012/06/post-194.html)


ちなみに、施設を借りて合宿する場合は、部屋のドアを開けて手を降ったりして人を呼んでいます。ノックは聞こえないので使いません。
(そのかわり、部屋に入らないように注意して手を振ります。このへんもマナーの一つですよね)

このような福祉機器はイロイロあり、障害者手帳を持っていれば国からの助成を受けて購入することが出来ます。
寝ているときは耳も聞こえず、目も見えないので、振動する目覚まし時計を使って起きています。


  • 救急通報

実は、いままで119を利用したことはありません。使わないのが一番ですけどね。
ということで、どうしたらいいのかみんなで一緒に考えました。
緊急時の連絡はFAXやメールでも対応できるとのことです。ただ、このことを知らない聴覚障害者も多いのが現状です。このへんは、どうやって経験を溜めるんでしょうね?

自分は、以前どっかの講演で「災害119」*2というアプリを知りました。

災害119とは災害時の緊急連絡アプリです。災害に遭遇した際、スマートフォン(Android) にて、自分の「声・写真・文字・現在地」の4つの情報を一つに まとめて、誰でも簡単に家族や知人にメールで知らせることができる無料のアプリケーションです。

てことで、スマホGPS情報やらなんやらを使って、簡単に緊急情報を伝えることが出来ます。まさに「かがくのちからってすげー!」


どうやってコミュニケーションをしているのか

人にもよりますが、手話と口話、筆談でコミュニケーションを取っています。
聴覚に障害があり、音声情報は頼りになりませんので、可能な限り視覚情報を用いています。口話の場合もそうです。
口話の場合、小さな頃は「唇を読み取っている」と周りに伝えてきましたが、最近は「唇の情報に加え、非言語情報もフルに活用して会話を読み取る」と伝えるようにしています。
口話の場合、唇の動き以外にも表情や目の動きといった言語では表せない情報も必須です。そういったたくさんの情報を元に、脳をフル回転させて言語処理を行っています。
(こういう面もあるので、聴覚障害者の言語処理能力は健常者よりも高いのでは?と考えています)



一方、自分からはこんな質問をしていきました。

印象に残るTVのCMはどんなものか

最近、TVのCMにも字幕がつくようになって、「CMってこんなに面白かったのか!」と知ることができました。CMへの字幕付加の取り組みは、花王が有名ですね。*3

で、感動するのと同時に、ショックでもありました。
「健聴者のかたは、普段からこんなセンスのいいCMを見て、センスを鍛えていたのか!」という思い。
それまで、自分にとって印象に残るCM=映像が面白いCMでした。ソフトバンク白戸家とか。
ただ、内容が理解できるとなると、また異なった要素がもとで印象に残るんじゃないかな、という疑問。

回答は、「メロディが頭に残る」とのことで、ナルホドと思わされました。
この二つを考慮すると、聴覚障害者向けと健聴者向けでは、CMのつくりかたを大きく変える必要があるんではないか、と思わされました。


ひそひそ話をどうやってしているのか

自分は、幼いころの訓練の結果、発音はできるものの小さな声を出すことができません。たいてい「?」な顔をされます。
その原因はなんだろう、とずっと考えていたので、今回聞いてみました。その結果は、

声帯を使わずに発音する

23年間生きてきて、全く知りませんでした。
ものすごく衝撃的です。
幼少時の訓練は、声帯を使った発音の訓練しかしていなかったので、ひそひそ話ができないのも当然です。長年の疑問が解決しました。

福祉機器と気づかないバリアの話

昔と比べると、聴覚障害者も暮らしやすくなりました。
電車に電光掲示板が搭載されることで、次はどの駅に停まるのか把握することが出来ます。
(電光掲示板のない電車だと、電車が停まった時に「いまどこにいるのか」といちいち確認をしなければなりません。けっこうメンドクサイです。)

こんな風に、これまで得られなかったいろんな情報が得られるようになったわけですが、それで充分とは言えません。
健聴者によると、アナウンスにおいても、電光掲示板に表示されているもの以外の情報が含まれているようですが、それについての情報は得られません。
ただ、一応文字情報として提示がされているので、聴覚障害者は「電光掲示板に情報が出ているから安心だ」、健聴者も「電光掲示板に情報が出ているので、聴覚障害者がいても大丈夫だ」という思い込みが起きてしまいます。これが気づかないバリアです。

これに気づくためには、聴覚障害者との関係が深い健聴者が不可欠で、情報が抜け落ちていることを発信していく必要があるのかな、と思ったりしています。

で、これを改善するためにはいろんなシステムが必要になってくるんですが、福祉機器の話でいろんなアイデアが出ました。

  • ブレスレット型筆談器
  • ブレスレット型文字表示器
  • HMDを用いた情報提示システム

これだけで全ての問題を解決できるというわけではないのですが、近年は科学、とくにITの進歩がすごいので、社会を変えるようなシステムがいつか生まれるかもしれません。
自分もエンジニアなので、障害者を人的に支える(介護、教育)よりは、社会全体を支えるシステム(大規模情報保障システムなど)をいつか作ってみたい、という思いがあります。



さいごに

こんな風にいろいろな話をしていったのですが、やっぱりためになりますね。
聴覚障害者は健聴者がどんなことに対して疑問を抱くのかわかりませんし、その逆もまた然り。
立場や文化の違う人間が互いに話し合うことで色んなアイデアが生まれます。
そのため、自分は「障害があること=強み」だと考えています。
世の中は健常者が多数派であるため、彼らのアイデアからいろんな技術やシステムが生まれています。革新的なシステムを作るためには、今まで誰も思いつかなかったような見方も必要になります。そんな中で、健常者とは異なる育ち方をしてきた障害者は、健常者と異なるモノの見方が可能で、強みにもなります。
聴覚障害者に限らず、視覚障害者、精神障害者身体障害者。ありとあらゆる障害者は、それぞれ育んできた価値観があります。その価値観を共有することで、すべての人々が幸せになるようなアイデアも出てくるのではないのでしょうか。

だからこそ、健常者と障害者が共に生きていくことのできる社会が必要になるのです。『共生を考える場。』企画は、勉共会だけではなく、休み時間も含め、健常者と聴覚障害者が共に生きていく場について考えることができる良い企画でした。